洗髪でびまん性脱毛症改善|東京美容外科なら100パーセントあなた自身の髪が生えてくる

東京美容外科なら100パーセントあなた自身の髪が生えてくる

男の人と女の人

洗髪でびまん性脱毛症改善

洗髪

栄養補給ができる

頭皮全体が薄くなる女性特有の脱毛症が「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症はホルモンバランスの乱れ、ストレスや睡眠不足などから起こります。地肌が目立ってきて、ヘアスタイルが決まらなくなるのが特徴です。様々な原因が重なり、毛根に栄養が届かなくなると、髪が細くなってくるのです。こうした脱毛症には育毛シャンプーが役立ちます。育毛シャンプーは、抜け毛を抑えるための有効成分を配合しています。びまん性脱毛症は髪の毛一本一本が細くなりますが、そうなるのは栄養不足が原因です。育毛シャンプーを使って栄養補給をすれば、髪が太くなり、次第に抜けなくなります。また、アンチエイジング成分を配合していて、白髪の予防ができる育毛シャンプーも女性に人気です。

シャンプー後の注意点

頭皮の状態というのは、肌質と同じように一人ひとり違います。乾燥肌だから頭皮も乾燥するというわけでもなく、頭皮だけ脂性肌の人もいます。育毛シャンプーには保湿効果が高いしっとり系や、収れん効果が高いさっぱり系があります。必ず頭皮に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。シャンプーをしたあとはドライヤーでしっかり乾燥をすることも重要です。自然乾燥は、頭皮に雑菌や細菌が繁殖する原因になります。また、髪を半渇きのまま寝ると、枕との摩擦で髪のキューティクルが痛みます。ドライヤーは弱い熱を長時間あてるよりも、高温で一気に乾かしたほうが頭皮へのダメージが少なくなります。ただし、頭皮とドライヤーは20センチ以上離すことが大切です。